So-net無料ブログ作成
検索選択

HILLBILLY BOPS (ヒルビリーバップス) 「HILLBILLY THE  KID  "DOWN THE LINE"」 [君にR&Rを!(日本)]


今日は包丁で、朝っぱらから、指をえぐった。痛くないが、血がうっとおーしい!!(怒)

気が付くとこのアルバムを、ホケーと聞いてることが多い・・・・。
ヒルビリーの87年に出た、2ndです。

HILLBILLY BOPS
永遠に愛の歌を捧ぐ
宗典 1988.3.29

宮城宗典様・・・・。
僕は今のこの時代で貴方の音楽が聴きたかった・・・。早すぎたのです、ヒルビリーは・・。
そして、アイドル化されて売られてしまった貴方の葛藤から解き放たれた音楽が
聞きたかった・・・・。
デビューに当たり、単純に音楽が好きで金やルックスなんて関係なくバンドを始めた男達が、リーゼントを下ろし、ロカビリー(大好きな音楽)とはあまりにもかけ離れた姿を余儀なくされたこと・・。
好きな音楽と売れる音楽との狭間・・・。
音楽で食っていこうと決めたプライド・・。23歳とはあまりにも若すぎる・・。
亀戸・自性院で眠る貴方に一度会いたいと、何年経っただろう・・。

このアルバムは、本当に素敵です。
本当は、これじゃくてもっともっと「ロカ」な音楽を奏でることを求めていたのでしょうが、
今の僕には、いろんな雑誌なので、貴方の思いを知れただけで、
このアルバムも「ロカビリー」です・・・・。
まぁ聞きやすいのは確か。そう狙って作ってるはずだから・・。

個人的には捨て曲はありませんが、「真夜中をつっぱしれ」なんかはいいですねぇ。
SO SWEET。
「ブレイントリップ a GO-GO」なんかは、キラキラしてます。
歌謡曲っぽいけど、なんだろう、ヒルビリーだとひいき目になりますね(笑)

でも宮城さん、死んじゃだめだよ・・・。
周りの人々は今も、貴方の作ってくれた音楽をその全てを忘れずに、今でも生きてるわけで・・。

HILLBILLYでの宮城氏が、最後に歌ったのは「MY WAY」だったそうです。
彼の意向で・・・
貴方は、25歳という人生をブレーキ無しの最高速のSPEEDで生きたシド・ビシャスを
模したのでしょうか?
貴方はそれよりも早く23歳という速さで、人生を駆け抜けっていってしまった。
僕はもう貴方の歳を追い越してしまいましたよ。

死して、追悼コンサートの日。
宮城氏が「ロックの神様」と尊敬していた清志郎が、宮城氏の父親に・・・

「息子さんとは音楽の話ばかりしていた。音楽がお金じゃないということも」


nice!(2)  コメント(79)  トラックバック(4) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 79

nu-nile

ヒルビリーについてなんか書こうと思って、一時間半。
言いたいことはいっぱいあるのに、言葉にならない。
このあいだも友達と「ヒルビリーってかっこよかったよな」って話をしてたのに。
グダグダ、グダグダ。煮え切らない思いばかりで。あの時から、自分は一歩も進んでいないような。言いたいことが、声にならない、タイプできない。
ゴメン、人のblogのコメント欄で。
でも、ルースターズさんのblogは、なんかズバズバ僕が言えなかったことが、さらりと出てきて、とても好きです。
いつも楽しいです。
これからもよろしく。Ta!
by nu-nile (2005-01-24 23:24) 

ルースターズ

>nu-nile様
まぁ、BLOGですから、言いたいこと書かないと(笑)
普段も言いたい事言って、仕事してますが(笑)
たかが、BLOGです。誰に干渉する訳でもなく、
僕には、ここしか居場所やら仲間が、見つからないわけではないので、
やりたい放題・好き放題です。
ひまつぶしにやってるんで、ひまつぶしで見てください(笑)
by ルースターズ (2005-01-24 23:59) 

かすてら

急にヒルビリーのことを思い出して検索かけたら、ここに辿りつきました。
私以外にも、今でもヒルビリーのことを覚えていて、思い出している人が
いたんだなーって、すごく嬉しくなりました。

>でも宮城さん、死んじゃだめだよ・・・。
周りの人々は今も、貴方の作ってくれた音楽をその全てを忘れずに、
今でも生きてるわけで・・。

↑これ読んで、なんかすごい涙出ちゃいました。
そのまんま宮城くんに伝えたいですね。
今もなお、彼の死を悲しんで涙を流す者がいるなんて、あの時の彼には
わからなかったんでしょうね。
私ももう、すっかり彼の年を追い越してしまいました。

ヒルビリーのお陰で、こんな素敵なBlogがあることを知れて良かったです。
またちょくちょく覗きに来させていただきます。
by かすてら (2005-03-10 04:06) 

ルースターズ

>かすてら様
お褒めいただき光栄です。
また遊びにきてください・・。

ヒルビリーは、一線で活躍していた時は知りませんでした。
最近です。本も雑誌もたくさん漁りました。
あんなかっこいい音楽を奏でてる純粋な気持ちと葛藤と。
その狭間で揺れ動く、それが見えないように覆い隠す苦痛。
色んなものと戦い、結局逝ってしまうことですべてをフラットにしてしまった
ことは、悲しいことです・・・。
ヒルビリーバップス。今も尚、僕の中では永遠のR&Rです・・。
by ルースターズ (2005-03-10 12:51) 

ルースターズ

>カステラ様
こいつも見ていただけると幸いです(笑)
http://blog.so-net.ne.jp/roosters/2005-01-23
by ルースターズ (2005-03-10 12:52) 

かすてら

この記事にTBさせていただきました。
by かすてら (2005-03-29 03:35) 

うき

はじめましてm(_ _)m
私なんかがお邪魔しちゃって良いのか分かりませんが
HILLBILLY BOPS大好きでした。
聴きやすさで言ったら
『HILLBILLY THE  KID  "DOWN THE LINE"』
だと私も思います。私自身、かなり好きなアルバムですし☆

そう。こうやって作品も歌声も、きっと永遠に残っていく。
iPodが出来た時も衝撃で思わず買ったけど
それよりもまさかHILLBILLY BOPSの音楽が
iPodに入るなんて、すごい世の中です。

カバーしている曲の方が実は好きなのですが
オリジナルだと『微熱なキブン』とかかな…。
ロカビリーから離れちゃった曲ももちろん大好きです。
心の葛藤を今の時代で歌ってほしかったですね。
本当にその通りだと思います。

私だけかなと不安でしたが、検索したらたくさんいらっしゃって
とても安心しました。私はライヴを見れなかった世代なので
見れた方々が心底羨ましいですがこれも運命。

目を閉じると浮かぶ宮城くんはいつも笑顔です。
宮城くん、笑顔とステキな歌をありがとう。
お邪魔しましたm(_ _)m
by うき (2005-03-29 05:58) 

ルースターズ

>かすてら様
いえいえ、読ませていただきました。
やはり、誰もがじゃなくても、残る人にはずっと残るバンドで
あったと思います。今も僕は聞き続けています。
by ルースターズ (2005-03-29 08:10) 

ルースターズ

>うき様
TBありがとうございます。
素敵な写真も見れました。
皆、それぞれの思いを抱き、今も尚、ヒルビリーを待ち続けてるような
気がします。
by ルースターズ (2005-03-29 08:13) 

ブル

はじめまして。やっぱりみんなの中には今でもヒルビリーがいるんですね!!それだけでも嬉しいです。 きっと宮城君も喜んでくれてるね(^ε^)-☆Chu!!
by ブル (2005-04-28 18:05) 

ルースターズ

>ブル様
ヒルビリー。随分前に書いたのに、やはり検索で思い出したように
ヒルビリーを検索。ここに来る方が多いようです・・・。
皆が忘れない限り、僕は宮城さんの愛したR&Rは、いつまでも
どこかで流れてると思います。
決してリアルタイムではなかったけど。僕も凄く好きなんです。
ヒルビリーバップス。
by ルースターズ (2005-04-29 10:01) 

shuri

ヒルビリーでここにたどり着きました。
新しくHillbillyのことを知って好きになってくれる人がたくさんいることに、とても嬉しく思います。
ルースターズさんは、きっと『同じニヲイのするひと』なんだろな。
いろいろ読ませて頂いて、そう思いました。

Hillbilly・Bops
当時のメンバーが集まって、去年、一昨年とイベントがありました。
同窓会のようなノリです。
今年がたぶん、最後になるであろうイベント。七月にあります。

そっとしておいてほしい方もいるので、これ以上は控えますが。

今の私は、宮城君の、その後の横山君の、そして今それぞれの道を歩んでいるメンバーの、『ヒルビリーバップス』 全て同じようにイトオシイのです。
by shuri (2005-06-14 21:16) 

ルースターズ

>SHURI様
僕がこのBLOGを残して。
今尚、月一くらいでこうやって、コメントを残してくださる方がいて。
皆、今も尚「宮城」くんを探しているんだなぁと、強く思います・・・・。

愛されることは、難しいのに、彼はいとも簡単に愛される。
それだけ、あの短い時間で積み上げたものが濃厚なんだろうなぁと
考えさせられます・・・・・。
by ルースターズ (2005-06-15 08:04) 

てとら

当時中学生だった私には、ほんとに衝撃的で・・なんで?、??
才能ある人がゆえの苦しみ、ソコに至るまで
もの凄い葛藤があったんだろうな、と大人になって
自己解釈しました。

宮城さんの笑顔、思い出すたび残念でならない・・

ほんと、ルースターズさんのHP訪問させて頂いて
改めて今もビバリー愛してらっしゃる方の
コメント観れてうれしいかったです(^-^)
by てとら (2005-06-18 03:06) 

ルースターズ

>てとら様
こんなにも無くなってしまった、亡くなってしまった今でも、ここまで
見ず知らずのBLOGにコメントを残してくれるファンがいて。
心底、惚れるバンドだと思ってます。
宮城くんには、音楽をやらされてるという、想いもあったでしょう。
でもファンは、貴方の音楽を見ていた。
ただそれだけ。
それだけで、何年も忘れないで、思い出したりする。
やっぱり逝くべきではなかったR&Rerだと思ってます。
by ルースターズ (2005-06-18 09:06) 

NO NAME

うるさいよあんた達!音楽・テレビ・雑誌そんなプロモーション上以外の彼を知っている人間はもっともっと辛いのだから・・
by NO NAME (2005-09-24 22:56) 

ルースターズ

>NO NAME様
それは、間違いなく。
でもそれを言ったら、僕らが想いを話す隙間がなくなってしまう。

僕らの想いを否定するのならば、僕らはヒルビリーを聴く隙間すら
許されなくなってしまう。
NO NAME様が近親で、それを声高らかに言うならば。

逝ってしまってから時間は経てど、そうやって音を聴くことすら
許されないのでしょうか?45rpmで回るシングルの存在を宝物のように
想ってはいけないんでしょうか?

>>音楽・テレビ・雑誌そんなプロモーション上以外の彼を知っている人間は
>>もっともっと辛いのだから・・

ひとりの人間が逝った事態ですから。悲しくないわけが無い。
でも僕らは、彼の彼らの作った音楽を愛して。
媒体をHDDに代えても、今もヒルビリーは僕にとって大切なR&Rです。

それが「五月蝿い」という表現をされるなら。

僕は、貴方を否定します。
by ルースターズ (2005-09-24 23:10) 

トトロ

読むだけで帰ろうと思った。
でもNO NAMEさんのコメントを読んで、いてもたってもいられなくなった。
しかもつい最近、送信されたものだったから。

たしかに私を含む大多数の人は、ほとんどメディアを通してしか、彼の事を知りません。
彼が何を想い、何を考え、何に悩み、最期のLIVEをし、逝ってしまったのか・・
それこそ今となっては、知る由もない・・・
全ては彼自身の心の中にしかないのだから。
だからこそ、知りたくなってしまう事ってあると思う。

NO NAMEさんも宮城先生(当時からこう呼んでたもので・・・)を想い出してここに来たのでしょう?
私もふと想い出して、ここに辿り着きました。
忘れることなんて出来ない。
人の心に蓋をすることは出来ない。
自分の心の中だけで、想いを封じ込めておきたくない。
誰かと語りたい。 想いを共有したい。
・・・そんな時だってある。

世界中には、人知れず亡くなっていく人は沢山いる。
その中にあって、17年たった今も、皆の心の中に生き続けてる宮城先生。

・・・天国で何を想ってるんでしょうね。
by トトロ (2005-10-01 12:14) 

ルースターズ

>トトロ様
好きな気持に、安易だとか複雑とかそんなんは無くて。
消費されなかったからこそ、こうやって訪れる人がたくさんいて。

僕はただただ、ヒルビリーの音楽に逢えたことを嬉しく思ってるだけです・・。
by ルースターズ (2005-10-01 18:59) 

ハイジ

私は元々PUNXでロカビリーには興味なかったんだけど・・・当時ある人から宮城さんを紹介されてLIVEを見にいくようになりました。私はたぶんNO NAMEさんよりも近い存在では無かったけれど、とてもとても辛い出来事でした。実際、最近までヒルビリーは聴けませんでしたから・・・。でもね最近よくお邪魔するブログの男の子が年代も違うのにヒルビリーを聴いてるのを知りました・・そしてここにも。私はとても嬉くなりましたよ。曲を聴いているとあの日の事がよみがえりいまだに涙が出ますが・・・。NO NAMEさんの心も少しずつ穏やかになってくれるといいです。
by ハイジ (2005-10-08 02:32) 

ルースターズ

>ハイジ様
僕は本当に、ここに気持を携えて来てくださって、コメントを残して
下さる多くの方には、とるに足らない存在でございます。

ただ、何度も何度でも書きます。
単純にヒルビリーバップスが好きなのです。
僕の世代で、ヒルビリーを知ってる人は本当に限られた人間です。

でも、僕はそういう世代をも越えた純粋な音楽に、世代も近親も、
なんもかんも関係ないと思っております。

ただ、多くの方々のコメントが来る度、本当に愛される人であり、
愛された音楽なのだと、そんなことを素直に感じます・・・。
by ルースターズ (2005-10-08 22:31) 

たかこ

いろんな人達に愛されていたんだ・・・こんなにもと涙が出ます。ありがとうございます。むっちゃんがやったことは、いけない事ですが、本人が決めたことです何もいえません、彼と音楽をこれからも愛していて下さい。
by たかこ (2006-01-17 23:43) 

ルースターズ

>たかこ様
書き込み本当にありがとうございます。嬉しく思います。
僕も、このような書き込みが来るたび、「再発!」「未発表!!」
と言う言葉が踊らずとも、あの時代とても愛されたバンドなんだなーと、
しみじみ感じます。
僕は、ストライク世代ではないので・・・。

僕らが出来る事は、聴くこと。
いつも掌の中に収まる音楽媒体には、今もヒルビリーがあります。
それはこれから生涯変わらないと思ってます。
by ルースターズ (2006-01-18 19:02) 

碧

はじめまして。つい昨日までHILLBILLY BOPSに関する情報などないと思っていました。そして探しているうちにここへ辿りついた。今でも語り継がれているなんて・・・。それは1988年4月29日にHILLBILLYのLIVEを初めて観に行く1ヶ月前の出来事。あまりの衝撃とショックで私の中で混乱を招きました。それから3月になるとHILLBILLYの曲が聴きたくなってすぐ気付く。もうすぐ命日なんだって。今も、いてほしかった。どんなに苦しくても生き続けてほしかった。今、夢見る頃をすぎても聴いてます。ここに辿り着いた事に感謝!
by 碧 (2006-02-23 15:17) 

ルースターズ

>碧様
はじめまして。ヒルビリーも公式サイトが出来ました。
http://www015.upp.so-net.ne.jp/hillbilly-bops/

川上さんも、やっぱり優しい言葉で昔愛した人々も、
そしてボクのような新参でヒルビリーを愛する人も一緒に遊ぼうと
書いてくれています。

ボクも、今一度ヒルビリーバップスへの想いを記事に直したいのですが、
こうやって、新しく来て下さる方が、少しでも柔らかい気分に
なれるのなら、ボクも加筆や書き直しをする必要はないのかなとも、
そう思ってます。

300近く記事を書き、BLOGをやっていますが、
1ヶ月に一度、宮城さんを探しに迷い込む人がいます。
そしてコメントを残してくださいます。
本当に、ヒルビリーは愛されたバンドなんだなと心底思います。

これからは、公式も出来るし、ヒルビリーの欠片を探す人が、
迷うことなく今も存在するヒルビリーバップスに逢えると思います。
それは凄く嬉しいことだと思います。
宮城さんを慕う人が、ヒルビリーを愛する人がまた、同じ場所で
会うのですから・・・・・。
by ルースターズ (2006-02-23 20:16) 

碧

公式サイトができたなんて。教えてくれてありがとう ここにこなかったら知ることはなかったと思う。みんな忘れてしまって苦しんでるのは自分だけかと思ってた、・・・でもそうじゃなかった。自分と同じ気持ちの仲間がいた事に心が救われた。今月宮城さんに逢いに行きます。 ありがとう!
by 碧 (2006-03-02 00:18) 

ルースターズ

>碧 様
月末命日ですね。
公式立ち上げにあたり、多くの人々が尽力したようです。
皆の欠片を形にしたようです。

解散して尚、RE-UNIONを目指す。
素晴らしい仲間の集まりなようですよ!
ヒルビリーバップス。
今度は、公式で今を感じれると思いますよ。
当然、29日も。
皆忘れてないと思いますよ。
by ルースターズ (2006-03-02 07:46) 

いっちゃん

ヒルビリー、宮城サン、俺が20歳の時に逝っちゃった。泣きました。崩れました。でも歌声は、残ってるわけで、今も彼の歌を聴きながら書き込んでるよ。
この年になってもまだ彼らから卒業できない。きっと一生卒業できないだろうな。ロックサイコーだよな。いくつになっても。宮城ー!!俺は、一生おまえの
ファンだ。俺も人生折り返し地点、あと数十年後には、そっちに行くよ。
by いっちゃん (2006-03-23 22:42) 

ルースターズ

>いっちゃん様
もうすぐですね。命日・・・。
ボクもあのゴールデンベストのお陰で更に聞く環境が増えて。
凄くいいなぁと心底思います。

卒業する必要はなく。
そしていつまでも、いいなぁ・・・って思える歌を、宮城さんにヒルビリーに
感謝してます。

いっちゃんさんのかっこいい書き込みだな・・・。
今ごろ、ムコウで。
ギターウルフのビリーさんとロカビリーの話をしてるかもしれませんよ。
by ルースターズ (2006-03-24 08:22) 

いっちゃん

ルースターズ君そして皆様
もうすぐ命日だな。
やっぱりさ、俺も色々人生あるんだな、この年になると、このブログに書き込み
はじめる前から色々と商売のこととか色々あってギリギリの所にいて、変な話、考えたよ、あっちのせかいを、でも子供も今年中学めだく入学、またさ、その娘、俺に音楽とか、似てるんだ。で、宮城君の歌声聴いていると、なんか励まされちゃって・・・・・・
やっぱさ、伝えないといけないんだよ俺らは、奴等のことを孫の代まで、こんな
詩歌いがいたって、今度墓参りに行ってくるよ。うちから近いし。
ありがとうって。
ちょっと私心になっちまったけど。
やっぱり、いつまでもレボリューションだよな。
親父ロッカーであり、すっげー悪おやじの独り言だ。
宮城君、おれ、やるだけやってみる。
by いっちゃん (2006-03-25 23:56) 

shuri

今年でデビュー20周年!
みんなとっくに宮城くんの歳を追い越して。
「いいオトナ」。。。
リアルにこの世界ではいろいろあって。
あの頃とそんなにかわってないつもりでも、大人になればなるほど、生きていくのが大変で。
でも、音楽があってよかったなって。

いっちゃんさん。頑張って!
by shuri (2006-03-26 08:33) 

ルースターズ

>いっちゃん様
まぁ、ムコウの話はしませんが・・。
本当にかっこいいR&Rをやって。
今も彼とともに、R&Rをやってた仲間は、変わらないR&Rをやってて。
時間が過ぎても愛され続けて。

夢見る頃を過ぎた僕らは、もうどこへでもいけるはずです。
そう高くも飛べるはず。
もうすぐですね。
宮城宗典が逝った日まで・・・。
by ルースターズ (2006-03-27 21:43) 

ルースターズ

>エビ姐
そうなんっすよね。
いつから、大人になって。
大人だから見える世界の中で、止まってしまったR&Rはいつでも。
いつまでも。
道標で残ってるから。
困ったら、また聴けばいい。そうすれば迷わず。
僕らは気持ちを強く持って。
そうやって明日も歩けるんだと思います。
音楽もヒルビリーも。
そういう宝物です。
by ルースターズ (2006-03-27 21:45) 

ルースターズさん、そしてみなさま

>いっちゃんです。
とうとう、あっ日が変わっちゃう。命日だね。宮城君が、そうしてくれたのか、
解らないけど、友人たちのおかげで、何とか助けられましたよ。
彼は、やっぱり俺にとっての今でも支えであり、そして何より宝ものだね。
このブログにたどり着いたのも何かのめぐりあわせだったのかも。
おやじになった今でもR&Rが好きだし。
何よりヒルビリーが好きだ。
落ち着いた。墓参りいって、ありがとうっていってくるよ。
by ルースターズさん、そしてみなさま (2006-03-29 23:59) 

ルースターズ

>いっちゃん様
宮城くんの命日に際し、文章を書きました。
自分では、素直にかけたと。
そう思ってます。

ボクもヒルビリーが好きです。
ただただ、単純に。

もし良かったら、覗いてください・・・。
http://blog.so-net.ne.jp/roosters/2006-03-29
by ルースターズ (2006-03-30 19:38) 

いちゃんです

ルースターズさん、ありがとう。
何か、とても感動した。
そして、なぜか、涙がでた。
おやじになると、涙もろいんだよ。
俺達にできることは、こんなロックな奴がいたぞ、って次の奴らに残していかないといけないんだよ。
 そうしないと、俺達他、残された奴らは、だろう?
人生引きずることは、あまり進めないが、これは、別だよ。
ロックおやじ、不良おやじの独り言だ。
 

の奴らに引き継いでいくしか、ことないのなかな。
俺達は、考えてみると、宮城君に対してのこさ
by いちゃんです (2006-04-01 00:37) 

いちゃんです

お礼を書くのうっかり忘れてました。
shuriさん、励ましありがとうございます。
夢見るころをすぎても、ですよ。
by いちゃんです (2006-04-01 00:49) 

ルースターズ

>いっちゃん様
良い物は、必然的に残ります。
ヒルビリーもそういうことだと。

宮城くんがここにいようがいまいが。残るものは残ると。
ただ単純にそういうことだと、心底想うのです。
引き継ぐ必要も、語り継ぐ必要も、一切必要ないと想ってます。
何もしなくても、きっといつの時代も宮城くんの声は残ってると思ってます。
by ルースターズ (2006-04-01 10:56) 

ピノ

宮城君は私の王子様でした。みんながおぼえていてくれてるの、うれしいです。ママになった今、音楽楽しむ暇ないいけどヒルビリー聴きたいな..
最後のドラマで小さくなる宮城君お見て、どんなに泣いたことか
崩れ落ちてゆくサマーナイトでした。
by ピノ (2006-04-09 01:56) 

ルースターズ

>ピノ様
音楽を愉しむ余裕がないと(笑)

ヒルビリーのコメント最近多く、リアル時代のファンの方々のコメントには
少し恐縮してしまいますが。

ボクはただただヒルビリーのR&Rが好きで。
それは一生変わらないと思います。
パパになっても。いつでもいつまでも。
by ルースターズ (2006-04-11 23:10) 

hiroco

アホな大人になってしまった今でも時々ヒルビリーを思い出します。
by hiroco (2006-07-15 23:36) 

ルースターズ

>hiroko様
最近もライブがあったようで、知り合いの姐さんのBLOGには
力がこもってました。
今でも宮城くんはステージで、メンバーを見守っているようですよ・・・。
by ルースターズ (2006-07-17 12:10) 

アニタ

宮城君と同い年です。1983年のライブがきっかけで彼らの
音楽が好きになりました。メジャーデビューしてからは一度
だけコンサートに足を運びました。先月彼らのCDを手に入れ
久しぶりに聞きほれてしまいました。私にとってはヒルビリー
の事と当時の私の人生が、今になっては宝物ですね。
by アニタ (2006-08-07 00:08) 

ルースターズ

>アニタ様
「私にとってはヒルビリーの事と当時の私の人生が、今になっては宝物ですね。」
いいなぁ。こういうのがいいですよね。僕はヒロトやマーシー。ブランキーにミッシェルでした。
BGMだったけど、BGM以上に大切なものをたっくさん貰いました。
宮城くんを始めとするヒルビリーも今聴けば、当時じゃなくてもキッチリ風景は残ってます。大好きなバンドですから。
by ルースターズ (2006-08-07 00:34) 

まぁ

私も迷い込ませて頂きました(笑)やっとLIVEで生の音を聞けるとワクワクしていた一ヶ月前に彼が亡くなり、結局生で宮城くんの歌声を聞く事は出来ませんでした…。でも私の中ではHILL BILLYは忘れられない最高のバンドでした。同じ様にまだHILL BILLYを愛してる方達が沢山いると思うと嬉しく、とても暖かい気持になりました。ありがとうございました。
by まぁ (2006-10-20 10:59) 

ルースターズ

>まぁ様
CDやレコードは劣化させることなく、僕らの胸を突き刺しますからね。
どちらかというと劣化してしまったのは、僕らのほうで。
劣化した気持ちを新しくするんじゃなくて。
綺麗にして。
そして、またヒルビリーとスピーカーの前で逢ったり。
今尚ステージに立つ彼等と逢えれば。
それがなによりだと思います。
まったく死んでない男達。
嘘でも虚飾でもないから。
今も最高にカッコイイ。
by ルースターズ (2006-10-22 09:07) 

runa

初めまして。
私も宮城くんを探してここに流れついた一人です。
高校生の頃、友人にヒルビリーを教えてもらい
それ以来のファンです。
その友人とは色々あって会うこともなくなってしまったけど
ヒルビリーを聴く度に彼女のことも思い出します。
彼女がいなかったら、きっとヒルビリーを、
宮城くんを知ることもなかったかもしれない…
もう彼女のことも憎んではいません。
ヒルビリーを聴く度、色んな気持ちになります。
今でも大好きです。
by runa (2006-12-21 21:20) 

ルースターズ

>runa様
わだかまりは、いつか溶けて無くなって。
底には、ヒルビリーが残ってて。

いつかの風景にヒルビリーがある人生。
僕が知った頃には、宮城くんは旅に出ていたから。

代わりに、永瀬正敏がヒルビリーバップスを教えてくれました。
僕にとっても、ささやかですが宝物です。
by ルースターズ (2006-12-25 00:20) 

うなずき

いきなりお邪魔してすみません。
私もなぜか急にHILLBILLYの事を思い出し(スミマセン。。。)ここにたどり着きました。

あの頃はまだ世間を知らない高校生で、何がなんだか判らないまま追悼ライブに行った事を思い出します。
私にとってそれが最初で最後のHILLBILLYのライブでした。
会場に入れなくて公園の広場で聞いてたなぁ。
by うなずき (2007-01-18 03:44) 

ルースターズ

>うなずき様
いえいえ。
僕みたいな端くれのとこに来てくださり、またコメントくださり
ありがとうございます。

僕の家では、今もヘビーに宮城くんが歌ってます。
思い出した以上、GOLDEN☆BESTを買って、
昔以上に今を・・・・・と思います。
僭越ながら、やっぱり僕も宮城くんが、ヒルビリーが好きです。
by ルースターズ (2007-01-18 09:47) 

みゆう

こんにちは。私は、今はもう35歳です。こないだテレビでジャニーズの子が『嵐のカーニバル』を唄っているのを聞いてとっても胸が締めつけられ・・・自分の中で忘れていた感情がこみ上げてきました・・・。私がヒルビリーっ子だったのは16歳の時。高校をサボってよくライブに行きました。ムッちゃんが逝ってしまったあの日私は授業そっちのけで亀戸に向かいました。前の日ライブで元気に笑っていたのに・・・なんで???それから高校に行くと言っては毎日、ムッちゃんが飛んだビルの下で何時間も窓を見つめてあの日、ムッちゃんがどんな気持ちでここから飛んだのか・・・それが知りたくて何度も何度も話しかけました。 精神的に追い込まれ高校も辞めました。毎日毎日ムッちゃんに会いたくてアルバイトも亀戸まで1時間かけて通いました。そんな私を心配してムッちゃんの父がムッちゃんの眠っている千葉のお墓まで連れて行ってくれて、辛いけどこれが現実なんだって教えてくれました。何度もムッちゃんの元へ行こうと、手首も切りました。・・・そんな私も今は4人も子供がいるママです。  もうあれから20年も経ったんだね。 みんな元気なのかな~。久しぶりに今度亀戸に行ってみようかな。
by みゆう (2007-03-14 15:59) 

ルースターズ

>みゆう様
僕はおこがましいんです。
こんな記事を書いて。
でも僕が彼らを彼を知ったのは、彼らが無くなってしまってから
随分経った後だったから。

でも僕は初めて知ったあの日から。
ヒルビリーを忘れた事は無いです。
いつだって、スピーカーのムコウには彼らがいます。

4人の子供ですか。
夢みる頃はまだまだでしょうか?

そうかー。
もう3月だったんですね。椿が咲く頃か。
椿が咲くと、宮城さんを想います。
by ルースターズ (2007-03-14 22:41) 

みゆう

この書き込みをしてから、なんだか無性にムッちゃんの声が聞きたくなって実家にヒルビリーのCDを発掘しに行きました。
なんだかとっても懐かしくって怖くって今まで聞くことができなかった自分がバカみたいでした。 あれから毎日車に乗る時はヒルビリーガンガンで聴いてます。こんなに時間が経ったのに、歌詞もバッチリ覚えてました^^
特にビシバシ純情と激的バーニングラブが好き!!
by みゆう (2007-03-18 23:30) 

ルースターズ

>みゆう様
忘れてしまうのと、聞かなくなる事が一番悲しいことだと想います。
これからはビシバシ聴いてくださいね♪(笑
by ルースターズ (2007-03-19 22:42) 

みゆう

そうだよね^^ ルースターズさんの言うとおりだ! あんなに大好きだったのに、無理に忘れたりする事ないよね・・・ あさっては亀戸に行くつもり。
お休みとろうと思ったらもらえなかったから、今日会社辞めてきた(笑)
やっぱりヒルビリーの存在は凄いっす!!!
by みゆう (2007-03-27 10:32) 

ルースターズ

>みゆう様
(笑)
明日ですね。僕も去年書いた記事をまたUPさせるつもりです・・・。
by ルースターズ (2007-03-28 21:19) 

runa

こんばんは。
私も明日行こうと決めていたのに…
休みは貰えず。
辞めたくなる気持ち、よ~くわかります!!

私はここから祈ることにします。
来年はきっと…そう思いながら、また一年頑張ります^^
いつかきっと、あの日の前日、3月28日の宮城くんに
会いに行くつもりです。
by runa (2007-03-28 23:55) 

ルースターズ

>runa様
いい天気ですね。
膝元に行かなくても。
忘れないで、ヒルビリーの音を聞くだけで。
僕はそれだけでいいと思います。

本当にいい天気だわ。
by ルースターズ (2007-03-29 07:36) 

runa

こんばんは。

いい天気でしたね!
そうですね、膝元に行かなくても
こうして誰かと彼の話をして
彼らの音楽を聴く…
忘れないでいたり、思い出したり。
それだけでいいのかもしれませんね。
by runa (2007-03-29 23:40) 

ルースターズ

>runa様
いい天気でしたね。
命日が晴れというだけで、少し「いってきます」の声が
大きくなるような気がします。

ヘッドフォンから流れてくる音や声は、変らないのに。
なぜか特別な想いな1日でした・・・・。
by ルースターズ (2007-03-31 09:30) 

みゆう

仕事は、辞めたものの・・・子供の調子が悪くって結局亀戸には行けなかったです(泣) ちなみに、娘の名前はrunaです!! せめて・・・と思いその日は、どこに行くにもヒルビりーのCDを大音量でかけて車を走らせました! ほんとに宮城君の声は大好き! 娘にも『ママの中で永遠に1番の人なんだよ』って言いました。『パパよりも?』 『うん!』って^^
by みゆう (2007-04-02 12:24) 

runa

みゆうさん、初めまして^^
そして、ルースターズさんより先にコメント
失礼します。
娘さんの体調は如何ですか?runaちゃんと言うのですか!
偶然ではなく、何かのご縁でしょうか?
私にも息子がいるのですが、ここぞと言う時に限って熱を出すような
気がします…

あれから19年ですね…
辛い思いはいっぱいしたけど
宮城くんに、ヒルビリーに、彼らの音楽に出逢えてよかったと思います。
20年以上も聴き続けていられる音楽は
私の中ではヒルビリーだけなのです!
by runa (2007-04-02 23:07) 

みゆう

ルナさんへ^^
私はこの時期娘と同じ名前の方にめぐり合うなんて!!なんて縁を勝手に感じちゃいました(笑)
16歳で宮城君を失って、ヒルビリーを失って(横山君参加後の活動は、申し訳ないけど私はヒルビリーとは認めらんないです)・・・ヒルビリー好きが学校で有名だった私は、学校に行けば周りに宮城君の自殺について毎日の様に聞かれ毎日泣いてばかりで、学校にも行かなくなりました。 宮城君の幻まで見る様になり精神的にもおかしくなり、何度も自殺未遂もしました。誰にも理解してもらえず、宮城君が私にとってどれほど大事な存在だったのか・・・1月の四谷のライブの始まる前、外で待っていた私と友達にあの笑顔で微笑みかけてくれた時は、天使の笑顔だ!って本気で思いました。 その後のライブ中、宮城君が私に合図をして自分が持っていたタオルで汗を拭いて、投げてくれました。 宮城君はいなくなってしまったけれど、そのタオルには宮城君の香水の香りがまだ残っています。 うそみたいだけど、こんなに時間が経ったのに・・・ あれから何かあるたびに、宮城君の所に行きたいって思って、あの時の思いがこみ上げて死にたくなる位、苦しくって・・・ でも今の私は宮城君よりも12歳も年上のおばさんになって、子供も4人もいる。 生きてるから・・・今も生きてるからこの子達に逢えたんだって^^ 旦那さんには申し訳ないけど、やっぱり今も私の一番は宮城君です。 いつか私の人生が終わった時、またあの笑顔に逢える時が来るのかな・・・頑張って生きてヒルビリーを伝説にしなきゃね! うちのルナは2歳だけど、ビシバシ純情大好きです!
by みゆう (2007-04-04 06:45) 

ルースターズ

>みゆう様
時間が止まってますからね。
僕はあまり人の死に、それも大事な人に対峙したことがなくて、
ショックだったのは、ウルフのビリーさんくらいなもんで。

僕もあれ以来、すごく大切な感情を貰った心地です。
パパよりも?それはそうかも(笑)

きっと同じ立場なら、僕もそう答えると。
そう思います。
by ルースターズ (2007-04-04 07:55) 

runa

こんばんは。
そして、お久しぶりです。
また3月が来ました。あれから一年です。
早いですね。
年々月日の流れが速く感じる。。。そんな歳になりました^^;

by runa (2008-03-04 21:32) 

ルースターズ

>runa様
椿を眺めるたび、この時季来たかと想う、
毎年です。
by ルースターズ (2008-03-10 07:24) 

Mory

初めまして、10年使ったパソコンがダメになり新しいpcにCD入れてたらヒルビリー発見。 懐かしさの余り検索かけました。 十何年前に初めて検索かけた時はほとんどヒットのなかったのに、、すごくうれしいです。
by Mory (2008-12-18 14:12) 

ルースターズ

>MOry様
再結成もあったり、慌しい近年ですしね。
このBLOGにも定期的に書き込みがあり、
未だに愛されてるんだなって思います。

ボクは毎日ってほど聞いてるんで、懐かしさは無いんっすけどね(笑

是非聞き続けてください♪
by ルースターズ (2008-12-23 11:02) 

shati

2年前のコメントのれすw
ありがとね、同じきもちでいてくれて☆
by shati (2009-05-03 03:42) 

ルースターズ

>shati様
想いのある記事ばかりです。
何年前の記事でも、同じ気持ちです。
サンキューヒルビリー。
by ルースターズ (2009-05-05 21:49) 

通りすがりの土偶さん

なんとなく辿りつきました。
NO NAMEさんの
「うるさいよあんた達!音楽・テレビ・雑誌そんなプロモーション上以外の彼を知っている人間はもっともっと辛いのだから・・」に一言。
普段の彼を知っていた者よりも、ファンの方が辛かったと思いますよ。
彼に近しい人間は、近くに居ても彼を引きとめることは出来なかったから、先ただれて悔しい思いはしたはずです。
けれども、彼と過ごした時間の思い出はあるでしょう。

ファンは彼が生きていてくれたら、どこかで出会えたかもしれませんし、生のライブを観に行くことだってできて、彼と同じ空間で過ごすことができていたはずなのに、皆の思いが届かないところへ自ら旅立ってしまったのですから。

あれから、かなりの月日が経って、追悼で「生きてる奴のほうが大事だぜ!」って叫んだ清志郎さんも志半ばで病に倒れました。

ルースターズさん、ここを見ている皆さん!
辛いことも沢山あるし、大人になると日々生きていくのが大変になってきている気はしますけど、生まれてきたからには「死」だけは平等にやってくるんですから、それまでは健康に気をつけて楽しく長生きしましょうね!!


by 通りすがりの土偶さん (2009-08-17 16:41) 

ルースターズ

>通りすがりの土偶さん様
まさしく。
昨今バンドが再結成を繰り返す中。
ヒルビリーは望む姿で帰って来れない。

メンバーの死はそのバンドが死んでしまうってこと。
曲はいつまでも生きるけど。
望んでも望んでももう逢えない。

バカンスを丁寧にカバーした御大も今やムコウで
宮城くんに説教してるでしょうね。

死ぬまで生きる。
死ぬために生きる。



by ルースターズ (2009-08-19 22:56) 

もりねこ

はじめまして
ヒルビリーは高校生の時に聴いていました。ライブに行ったことはなかったけどいつもCD聴いていて・・夜中にテレビのショートドラマみたいなのに出演していたのをよく見ていた記憶があります。亡くなったと知ったときはとてもショックでした。明るい笑顔の彼があまりに突然に なぜ死を選んでしまったのかと思うととても悲しかった。。。
今でもみんなの記憶に残り みんなに愛されていたんだなぁと・・・
by もりねこ (2009-12-18 00:02) 

もうすぐ四十路

いやあヒルビリーの人気ってすごいですね。

先月SCANDALの夢見る翼を聞いて、
当時高校3年卒業時の、リアルでヒルビリーザキッドを
見ていたことを思い出しましたよ。

あれから21年。あのときの自分と今の自分
なにも変わってないなぁ。

最終回のテロップの衝撃はエイプリルフール?
なのかと、深夜ながら友達に電話しちゃったな。

翌朝事務所にも電話して・・・
事実だってこと知ったときは・・・ほんと驚いた。

たしか新聞記事にも載ってたな。

亀戸のお通夜にも友達といって。
お寺だったのかご自宅だったのか
記憶がとんでしまってるが
宮城くんによく似たお母さんが
色々話してくれた・・・・

20年たっても宮城くんは
俺の憧れだなぁ

生きていたらどんな
四十路になっていたかな。

すんません 長々と。 またきます。
by もうすぐ四十路 (2009-12-19 00:28) 

ルースターズ

>もりねこ様
何度も書くことですが。
清志郎さんも今頃、説教を終えた頃だと思います。
残された僕らは懐かしいなんていわず。
日常の中にヒルビリーのある生活をするだけです。
風化させない。
音楽は気持ちや想い出も真空パックしてくれますから。
ガンガン聞いていくべきですよ♪
by ルースターズ (2009-12-28 13:14) 

ルースターズ

>もうすぐ四十路様
生きていたらって、いっつも想います。ボクも。
あんなにもカッコイイ音楽だったから、
きっと今は更にって。

たらればは、夢の話。
でも夢の話したくなるぐらい、惜しい。
まったく惜しい。
by ルースターズ (2009-12-28 13:16) 

bee

いまさらの書き込み、本当に失礼いたします。

今はとってもいい時代。
古い映像や音源もいろんなサイトで検索できて、見ること聞くことができる。
ふと思い出して、「激的バーニングラブ」をヘビロテで聞いている今週。

他のメンバーは今何してる?って思って検索したら、オフィシャルブログの文字あり。
嘘だと思い見てみると剛君が、剛くんっぽい口調でたま~に書いていた。
たくさんの宮城くんの写真といっしょに。

そして、みなさんと同じようにこちらにも行き着いた。
今でもかっこいいヒルビリーバップス!
大好きだったし、これからまた更に好きになると思う。

お邪魔しました^^;
by bee (2011-05-20 23:46) 

ルースターズ

>bee様
ボクは一番のファンは、10年経っても、20年経っても、
それこそ、思い出しても。
すぐにヘビーローテーションになれる、その感情だと想います。
それも一過性じゃなくて。

ipodに入れてまた聞き出してみたいな。
そういうバンドだし、今聞いてもいつでもかっこいい。

戻らないからこその美しさも孕みながら。
いつでもヒルビリーバップスは美しくカッコイイ。
by ルースターズ (2011-08-01 14:49) 

NAO

ルースターズ様
あなたが9年も前に書いた記事に今更ながら辿り着きました。
このメッセージがあなたに届くのかさえわかりません。でも、9年たった今も宮城宗典という一人の男の欠片をさがしている人間がいて、あなたのブログやコメントの中の言葉に涙し、彼の残した音楽に出会たことを嬉しく思う人間がいることを伝えたくて、今更過ぎる9年後にコメントさせていただきました。私は、忘れていたわけではないけれど、三回忌の後から24年間も勝手に封印していました。あなたがコメント欄で「忘れてしまうのと、聞かなくなる事が一番悲しいことだと想います」と書いています。本当にそう思う。宮城君の歌声を久し振りに聴いた時、思わず溢れた涙がそれを実感させてくれました。私が封印していた間にヒルビリーはライブもし、彼らの事を好きな人達は活発に語り合っていた。その時期を逃した私ですが、それも運命なのかも。また、あなたはこうも言っています。『良い物は、必然的に残ります。ヒルビリーもそういうことだと。』まさにそういうことだと思います。

by NAO (2014-10-05 22:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 4

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。