So-net無料ブログ作成
検索選択

DISNEYLAND [君にリリコップを!]

初めて行った修学旅行のディズニーランドで、いろいろあって。
好きだった女の子を置いて、集合場所に行ってしまった。

ちなみに、あれから20年経つが、その娘とは随分音信普通だったが、
今は連絡を取り合い、互いに人の親になった。

それ以来、浦安にはほとんど行った事がないし、当然舞浜にもない。

彼女が出来ても行かなかった。
特に理由もなかったけど、
俺自体はリアリストなので、ディズニーの世界には頓着も愛着も無い人生だった。

彼女が妻になって。
母になる前に、一度行った。
大人になったボクには、豪勢な子供だましを心底楽しめるようなことはないと
思ったけど、思いっきり馬鹿して。
金を流した。

そこから、妻は母になった。

きっと新しく我が家に来た彼女は、成長の過程でミッキーマウスと逢いたくなるだろう。
もう、負の国境線を越えた自分には、舞浜のワンダーランドへの抵抗は少なく。
面倒くさいという理由しかなかった。

でも彼女と行くと決めた以上は、そこのすべてを今の彼女に示さないと
失礼な話である。

初めてのディズニーな彼女は、きっと今日のことを覚えてはいないでしょう。

プーさんにハグされ写真撮ったこと。

ガチャガチャから出たミニカーが実在の車だと瞬時でわかったこと。
寝てる間に親が、キャプテンEOを見たこと。
トイストーリーに、ハニーハント。
モンスターズインクに、イースターのパレード。
ポップコーンのミッキーの容器ほしさに散々肩車で歩かされたこと。

長い時間並んで。
謁見の後、ようやく逢えたミッキーがいいやつで。
写真のシャッター下りる瞬間目を閉じたボクを小突いたこと。
それを見た彼女が大爆笑だったこと。
そして、自分からミッキーにハグを求め、ミッキーにキスされたこと。

彼女が親以外に接吻したのを目の当たりにした最初が、あのネズミとはね(笑)

この日の思い出に、彼女が寝てる間に舞浜から連れて来ました。
で、写真撮って欲しいと彼女から初めて言われ一枚。

いつか、大きくなったときにこの日があったことをいつだって話せるように。
大きい黄色のくまが、彼女の友達になるように。

そして、いつか誰かと行っても。
ボクより大きいくまが買えないように。

ちなみにこの日は、家族みんなで、UUのミッキーマウスを着て行きました。
そんなこともとてもいい思い出です。
家族でペルック。
ギリギリダサいけど、アンダーカバーならそうしようと思える国境。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。