So-net無料ブログ作成
検索選択

amazarashi [君にR&Rを!(日本)]

タワレコの視聴機。
少し余裕の持った財布を、後ろにつっこんで刺激を探す。

聞いたこともない音楽なんてたくさんあるけど、ここはジャケ買いを繰り返す直感。
それを信じないで、何を聞けばいい?指針なんてない。

ネガティブに吸い込まれそうな場所からは、抜け出したボクには
収入の余裕は消えたけど、心の余裕が訪れて。
家族の時間、娘と手をつなげる時間が増えた。

食卓を囲み、少しの団欒を噛める時間の到来に、少し微笑めたりして。
イライラした気持ちと菓子パンを一緒にほおばって。
そんな甘さの中に隠しながら、休憩時間をやりすごして。
また同じ金太郎飴のような時間と日々をすごすこともなくなった。

そこで努力をして、そんな金太郎飴にならないように生きていくことも
きっと出来ただろうけど。

感謝の言葉も薄く、別に感謝されたいわけじゃないけど。
不遇というか、ジレンマというか。
そんな狭間にやりきれなさを抱えて、毎日上がっていく代々木公園の脇は、
決して気持ちが晴れやかになるような日はなかった。

どこに行くかわからなくて。
お金のために働いて。
家族のために働いて。

大事なものがどんどん削られて。掘削された場所に泥水が注がれるような。
泥水が生まれるような。
そんな時間の流れは停滞して、深さも見えない真っ暗な世界に近かった。

タバコの本数は増えて。
深夜24時超えてもなんか食し。
朝方のラッシュを横目に、昼間で寝ることがもったいなくて。
そんな生活の深遠から、自分が出ないと廃棄物にしかならない自分が見えて。

ここから出ていくことを現実にしなくちゃいけないって思い続けて。
我慢しようと決めた年数を消化してしまう前に。

ボクは安定を棄てた。
大切な何かがあったと未来に笑うために、現実を引きちぎった。

あのときに、きっとamazarashiに逢ったら。
ボクは、ボクの人生と運命を呪っただろう。

自分の人生をどこで間違えたか、自問自答を繰り返しながら、
開かない世界の扉が開くことを、ずっとずっと待って。恨んで。
誰かのせいにしてしまいそうになってしまう自分を吐き気に近い嫌悪でみつめただろう。

あの頃、欲しかった答えと。
あの頃、一番嫌いだったものが同居しながら、擦り切れそうな声で。
きれいな音が流れる。

news_photo1.jpg

リフレインの雨。リグレットの水溜り。
避けようもない事象。
ここまで、ネガティブである必要はないと思うけど。ここまで突き詰めないと
精神世界の螺旋の状況は伝えられないと決めたのだろう。

インディーズ盤のソリッド感は半端なく、きれいに切り裂く。
メジャー盤は少し疲労感と差し込む光が見える。
カーテンの隙間にも近い。

この音楽が一部評価されるぐらい、日本人は日本語と自分にあてはまる言葉を
探しているんじゃないかと思う。

PUNKやR&Rがそうであるように。
最後は言葉が紡ぐものが真実です。

どの曲を聴いても、嫌になるぐらいいい景色が見えるバンドです。

ほとんどのアルバムを聞きましたが、非常にいい。
フォークに近いのかもしれない、姿勢は。
でもキッカケは、青森県むつ市。

閉ざされた部分を、静かに開くのを待つように。
不条理を飲み込むように。

堕ちる時は堕ちればいい。
そこでしか見えない景色や感情がある。
そこにいかなくては逢えない未来もある。

そんな積み重ねが奇跡の積み重ねだと、笑える先が。
なかなかだったよと、誰かに言えるその先がきっとあると、
ボクにはなにか前を向く引き金が爆ぜる感じをもらった。

この感覚は、大切にしたい。

きっと生む苦しさがあってほしい。
きっと1つ1つに物語や意味があってほしい。

難しい言葉というよりは埃の溜まった景色や瞬間を切り取って
言葉にしているんだと思う。
難しい言葉じゃない、少し汚く見えるものが、まるで自分の心と混じる。
そして同じ色だったことに気づいたりする。


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。