So-net無料ブログ作成
検索選択

永訣の朝

1月2日 7:47

寂寞の今です。

呵責と後悔の到来が来ないよう、9年の間。
幾度も成せることを、踏み締めて来たつもりなのに。

朝靄で曇った窓の屈折した光は、点滴に鈍く光を加え。
つたう一滴一滴の流れは、横臥する母に混じっていたのに。

空と重なり。
気圏と銀河の先端まで旅に出ました。

フィラメントが切れたように。

ただ長い時間の終わりは、想像以上に苦しいものです。
母の62年生涯最期の笑顔は、2人の孫娘へでした。

それまで意識のきれぎれだった母の顔が急に、あやす様な。
祖母の顔になった瞬間に、今まで諦めていたものや、
捨てていたものが急に惜しくなり。

そこに決壊した後悔が、怒涛に押し寄せました。
怒涛は涙に代わり、母の横臥する姿が、急に寂しくなり、悲しくなり。
止め処なくやってきます。

しかしながらお別れです。
ありがとう、おかあさん。
バイバイ、かねちゃん。

しっかりと2人の娘を育てようと想います。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。