So-net無料ブログ作成
検索選択
≪企画≫日本のロックンロール ブログトップ

【7】サンハウス「POISON」 [≪企画≫日本のロックンロール]

【MY企画 「日本のロックンロール」】
(前書き)→ http://blog.so-net.ne.jp/roosters/2005-04-18

久しぶりに書けてよかったなぁと。この企画を(笑)

現在にも流れる日本のR&Rの源流。
九州
70年代後半~80年代に加速をつけた文化は、今尚脈々と流れ続ける。
東京ロッカーズの遥か上を行く「めんたいROCK」の源流。
めんたいロックという表現自体がナンセンスなのかもしれない。
世界を見ても、こんな声でこんな言葉で。
そしてここまで、畳み掛ける声の持ち主と、存在証明を明らかにするバンドはそうはないはず。

絶対無二の音を紡ぎ、聴くものに圧倒的な存在感を見せ付ける。
映像こそ、見たことなく、至極生で彼らのライブを体感したことなどはない。
平成の世に変わり、20世紀が21世紀に変わった今でも、彼らの音は菊の声は、
あの時の時間を止めたまま、脳天に突き刺さるほどの言葉と声を、塩化ビニールから叫ぶ。

彼らの名前を「サンハウス」という。

ブルースを完全にR&Rに昇華させてしまっている。
独特の歌詞はその世界を、より深い空気を生み出し、鮎川誠のギター
ブルースという範疇を越える次元でギターを奏でる。

とにかく鮎川誠も強烈なんだけれど。
そんなことより、「菊」。
この声が響いた瞬間から、世界ががらりと変わる。
歌詞も彼自身の内在されてる世界が、ほんの隙間もなく埋まっている。
作詞とか、作品つくりとかいうレベルではなくて、それはやっぱりブルースの匂いでもあり、
なによりR&Rの芳香。
山口冨士夫にも似た、またそれとは違う空気も孕みながら、流れる音楽
どこまで行っても「ロックンロール」

菊の世界は、菊自身が歌う事で必ずしも、完成されるわけではない。
他の誰かが、菊の曲を演ってもその人にもやんわりと対応できる。
個性は、「灰汁」であり、再利用不可能なオーダーメイドにも近いものなのに、
特定の誰かがやっても世界が歪まないその柔らかさには驚く。

それが、楽曲提供することも可能な数少ないホンモノの男の成せる業。
ただ、やっぱり菊が作ったものは、菊がやったほうが当然よい。

そして、彼自身が最高最強の時代こそ、「サンハウス」の時間だと。
そう思って止まない。

日本のR&Rを語るなら、絶対に避けて通れないそれが「サンハウス」
とにかく、聴かないことにはわからない。
20の頃。
これを初めて初めて聴いた時には、僕はしばらくサンハウスしか聴けなくなった。

ボクが生まれる少し前。
こんな音楽が、九州で鳴っていたと思うと、今の時間はあの頃止まったままかと思うくらいの
新しすぎるという表現より、強烈すぎる音。

本来ならば、1stの有頂天なんだとは思うが。
ここはボクが初めて聴いたベスト盤「POISON」
実は、サンハウスを流したくて、僕はイベントを始めたのです。少し前の話にもなりますが。

オリコンを賑わすカラッポな世界の存在を、否定はしない。
でも、そんな音楽は聞こえてこない。
いつでも、どこでも。
「R&Rの真っ最中」なのだから。


nice!(2)  コメント(22)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

【6】ザ・ルースターズ 「THE ROOSTERS」 [≪企画≫日本のロックンロール]

【MY企画 「日本のロックンロール」】
(前書き)→ http://blog.so-net.ne.jp/roosters/2005-04-18

騒々しさは無い。

レコードの針を落として、いつものような淡々と時間が過ぎ去る中で、
ポンポンと跳ねるような愉快な心地と、見え隠れする鋭い空気と。

なにより、70年代最後の年に、まるで4人が音楽をすることが、世の中に落ちることが、
当たり前だったように、瞬間が訪れた。

ザ・ルースターズ 「THE ROOSTERS」

ありきたりな話だけど、僕の人生。
これから、どれくらい続くかしらないけど、いつだってこのレコードを聴けば、
僕は常に原点を感じることが出来る。
「カッコいい」という本質が、詰まっている。

言葉に形容は出来ない。

カバーがカバーではなくなり、オリジナルがとてつもない熱気を帯びる。
一曲一曲が、通り過ぎず、自分の脳の中を駆け巡る。
何度も何度も。
何回聴いたか分らない曲が、今でも同じドキドキ感を僕に与えてくれる。
今まで愛した音の、根底を揺さぶりながら。
今日も、明日もこれからも。

僕は、このアルバムに逢わなければ、今の僕はないと思う。
僕は、このアルバムに色んなものを、貸与された。
僕のバックボーンは、このレコードから貸与されたんだ。

貰った訳じゃない。
貸し与えられたんだ。

だから、僕も聞かなくてはいけないんだ。
「教えて、ロージー
「何が欲しい?」

僕がロージーに、貸与された気持ちを、相応した対価で払わなくていけないんだ。
「教えて、ロージー」
「何が欲しい?」

そうやって生きる幸福を、たった1枚のレコードに感じることが出来る。
そんなレコードは、人生にそうは無いでしょう。
だから、僕はこのレコードを聴く度に、思うんだ。

教えて、ロージー。
僕は君に何をしてやればいいんだい?と。


nice!(7)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

【5】FRICTION 「’79 LIVE」 [≪企画≫日本のロックンロール]

【MY企画 「日本のロックンロール」】
(前書き)→ http://blog.so-net.ne.jp/roosters/2005-04-18

しまったなぁ・・・・。
書く前にhanaoさんのBLOG読むんじゃなかったよ。


東京ロッカーズの核たる、「FRICTION」
アルバムタイトル通り、79年。

僕ら聞き手が、感情移入する隙間は微塵もない。
拮抗するギターとベースとドラムがせめぎ合う、凌ぎを削る乾いた音。
中途半端なんて言葉は見当たらず、油断もない。
たたみかけるように、リフとメロディーを浴びせかけ。

3人が3人とも互いを信じている。というくだりがあったが、それは間違いない。
長い間、フリクションの評価は「こんなもんではない」と既存の音源に向けられていた。
僕自身も、「じゃぁどれが、本当のFRICTIONなんだよ?!」とずっと思っていた。

このアルバムを聴いて、真価が問われた。
一抹、「ダサかったら、どうしよう」なんて、気持ちは全く不要だった。

うっとりするくらいの、スピードとカッコよさ。
久しくCDを聴いて、感動することなんか無かった。
何かの二番煎じが拭えない日常の音楽
そんな気持ちを、弾き飛ばす。
あまりの壮絶が、26年の時間を経て僕らの日常に降り注いだ。

FRICTION。
こんなにも、美しいR&Rだったのですね。


nice!(1)  コメント(9)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

【4】THE BLUE HEARTS 「THE BLUE HEARTS」 [≪企画≫日本のロックンロール]

【MY企画 「日本のロックンロール」】
(前書き)→ http://blog.so-net.ne.jp/roosters/2005-04-18


僕がこの国に生まれ、物心がつく頃、善悪の判断が付く様になった頃。
僕の傍にはブルーハーツがあった。

クダラナイことも、愉快なことも、可愛いあの娘のことも、
全てブルーハーツを透かして見ると、それはとってもキラキラした出来事になった。

不条理な事も、納得できない事も、そしてイライラするようなことも。
伝え切れない言葉の断片はブルーハーツの紡ぐ音楽の中にあった。

いつだって、僕らの思春期の多感な思いを、反発したい心を代替してくれた。
反社会的なことも、清志郎同様、本当に極稀なREAL PUNK
青春パンクなんつー、しょーもない言葉は、このバンドにははまらない。

そんな安いもんじゃない。
PUNK ROCKの源流はここにあったの。僕にとって。

今も昔も、別れや出会い、苦しみや喜びの裏には、思い出すようにブルーハーツがあった。
その思いは想い出せなくても、一緒に傍にいてくれたことだけは思い出せる。

心の欠片にはブルーハーツがあった。
これからも変らない。

この33rpmの塩化ビニールから流れる、ラブソングを。
素直なラブソングを。
これからも、聴き続けるの。

いつだって、ブルーハーツは傍にいる。
ブルーハーツの言葉の断片は詮索しない。
きっとただその時そう思ったから、出来た曲だと思うから。
怒ったり。優しかったり。だから、好きなんです。


nice!(8)  コメント(28)  トラックバック(3) 
共通テーマ:音楽

【3】日本のロックンロール [≪企画≫日本のロックンロール]

【MY企画 「日本のロックンロール」】
(前書き)→ http://blog.so-net.ne.jp/roosters/2005-04-18

実は前置きをズラズラ書いたが、消去!!不要。

TEENGENERATE 「LIVE at SHELTER」 (1995)

最強最速。
お決まりのR&Rのルールなんて片っ端からなぎ倒し、
格好もスタイルも、お構いなしの轟音R&R。
轟音といっても大雑把ではない。
おっかないくらい「しなやか」に。ブッちぎりのスピードとカッコよさ。

誰にも聞かれなかったような名曲をカバーし、いつの時代も愛されたナンバーも奏で。
本当に、音楽ロックをパンクロックを愛した男達の結晶。
そんな男達の奏でる音楽に嘘があるとすれば、何を信じればよいのでしょうか?(笑)

国内外に7インチレコードをばら撒き。
国外では絶対的評価を受け。
約3年。彗星のように現れた純粋なるバンドの終着点が、下北沢シェルター
その奇跡のLIVEがここにある。

これが、R&Rでないというならば、教えてくれ・・・。オイラにR&Rを・・・。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

【2】日本のロックンロール [≪企画≫日本のロックンロール]

【MY企画 「日本のロックンロール」】
(前書き)→ http://blog.so-net.ne.jp/roosters/2005-04-18

ブランキージェットシティが偶然だったのに比べて、このバンドはあの時代の必然だと思う。
「CAROL」
ゴールデンベストも数多出て、ラストライブのDVD化。
スタジオアルバムでは伝わらない質感というのは、ライブで感じれる。
ラストライブは映像が出てるばっかりに、キャロルビジュアルさが先行。

あの時代の革ジャン&革パン&リーゼントの匂いは今に通じる「不良」の匂い。
キャロルで一番のアルバムといわれれば、70’s日本のR&Rアルバムの一番!!
だから、キャロルのリブヤングを。

CAROL 「LIVE IN LIVE YOUNG!」 (1973)

当時彼らが、デビューのキッカケにもなったテレビ番組のスタジオ録音盤。
このアルバムが一番カッコいい。
矢沢も内海もジョニーも。

写真は篠山紀信。
キャロルは当時、週刊プレイボーイで半年ほど篠山撮影のグラビアをやっていたそう。

この「ジョニーBグッド」を歌う、ジョニーの甘さは、他の追随を許さない。
ハズレなしの楽曲のライブ盤。

約30年の時代を経ても、尚色褪せないそのR&Rに敬意と尊敬を。

「YOU HAVE ELVIS!! WE HAVE CAROL!!」
そう叫ぶことは間違いない。

今尚、このアルバムの質感が、現代には無い匂いを漂わせる。
もはや、原点にして頂点。最古にして最新型のロックンロール。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

【1】日本のロックンロール [≪企画≫日本のロックンロール]

【MY企画 「日本のロックンロール」】
(前書き)→ http://blog.so-net.ne.jp/roosters/2005-04-18

ブランキージェットシティのアルバムに順位をつけること自体が、ナンセンスだし、意味が無い。
憧れたのは、彼等の全てであって、音楽だけじゃない。

この企画は、自分が死ぬ10時間前、一枚一枚聴いてから、くたばれたらいいなぁと
素直に感じることの出来る、日本のロックンロールアルバムを、僕なりに、紹介したい。
僕のような輩が、誰かに伝えるのなら・・・・・。

僕にロックンロールという言葉を教えてくれたアルバム。

THE BLANKEY JET CITY 「BANG!」 (1992)

ジャケットも、曲も全てが「ROLL」。
消化不良なんて絶対有りえない、ブランキーで最もR&Rなアルバムだと思う。
解散になってから、ブランキーが好きというからには、当然、このアルバムを聴いてから
そういうことを言って欲しい。
後期、赤いタンバリンやガソリンの揺れ方とは、全く異なる不良の匂い。

不良の匂いこそが、ロックンロールの匂いだったんじゃないかい?!
それが強烈なまでに匂いを放ち、撒き散らし。

ブランキーの唄の凄いのが、浅井健一の言葉は映像の浮かぶリアルな物語を紡ぎ、
作られた物語はメロディーへ。
ギターとベース、ドラムという必要最低限のリズムの上で、物語は、心に落ちる。

その物語が、僕らの中にある街「ブランキージェットシティ」。

オルタナティブロックじゃない。
純粋にこのアルバム自体が、ロックンロールなんだと思います。

最高にイカレタ、ロマンティックなロックンロールだなぁ。


nice!(6)  コメント(11)  トラックバック(2) 
共通テーマ:音楽

日本のロックンロール(近日スタート) [≪企画≫日本のロックンロール]

もう、振り返ってもいいでしょう?(笑)

ブランキージェットシティ解散後、本当に日本にR&Rがあったのか?と感じてしまうくらいの穴。
回り続けるR&Rのループの中に、一体数多のバンドが身を投じ、どれだけのものを
奏でたのだろう・・・・。

現在もシーンには、多くのバンドがいて、それは響く、響かない別にしても、
過去に強烈なまでにぶちまけられた、珠玉のR&Rのアルバム達を、まとめていきたい・・・・。
今までのスタイルと似てるような違うような・・・・(笑)

至極、自分的「日本のR&R アルバム10枚。」

日本語ロックと言われるが、30年もの前から日本語ロックはあったのに・・・・。
なんで今ごろ・・・?(笑)

まぁ、いいかな。んな感じで。

日本のロックンロールというアバウトタイトルですが、このアルバム達は私的に
レンタルでもいいから、CD-Rでもいいから、聴いて欲しいです。

コメントガンガン受けます。ガンガン答えます。
批判も、賞賛もなんでも受けます。
貴方の日本のロックンロールな1枚は、TBしてください!
必ず行きます。読みます。参考にします。
SONETの音楽BLOGは、とても好きです。まとまりのない空気が(笑)

TB、SONET以外からでもどんどんください!!!
さぁ、遊ぼうよ。
僕らにしか出来ないやり方で。狭い世界でさ(笑)
写真のTB合戦はゴメンさ。やるなら、ロックンロールでいこうよ!!!


nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(4) 
共通テーマ:音楽
≪企画≫日本のロックンロール ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。